はじめてのカードローン審査

2015年2月18日 カードローンの審査基準 No comments

カードローンを申し込むのって勇気がいりませんか?クレジットカードとは違い、「お金」を借りることがメインになってきますから、私にとっては何となく敷居が高い気がしてました。
でも、最近、利用しているネットバンクのカードローンの申し込み案内がメールで届いたんです。
今申し込むと、1000ポイントプレゼント、なんてことが書いてあったので、「カードローン、いざという時のために一枚くらい持っていてもいいかなぁ」という気持ちになり、思い切って申し込んでみることにしました。

カードローンは審査が厳しいんじゃないかな、年収低いけど大丈夫かな、と色々不安でしたが、申し込んで数日すると、本人確認の電話が職場と携帯にあり、あっさりと審査が通ってしまいました。
その後、携帯から本人確認ができる画像をメールで送って手続き終了です。
あっけないほど簡単にカードローンを持つことができました。

カードローンには当然審査があります。すべての人が審査に通るわけではありません。審査は融資したお金をきちんと返済してくれるかどうかを調べるものです。   ではカードローンの審査はどんなことを調べるのでしょうか?   基本的には申込書に記入したことすべてと言っていいでしょう。勤務先、年収、勤続年数や居住年収などを調べます。さらには、氏名・生年月日・住所・電話番号などからも現在の借り入れ状況を調べることになります。   カードローンは銀行系や消費者金融系などさまざまな種類があります。銀行系のカードローンは年収を重視する傾向があり返済比率等を重視しています。一方で消費者金融系のカードローンは安定性を重視する傾向にあり勤続年数などを重視するようです。居住年数も審査の対象になっていますが、頻繁に引越しする人は不利になることがあるようです。
出典:審査に通りやすいカードローンとその審査基準とは

自分の信用性は高いのかな?なんてちょっぴり嬉しくもなりました。

もちろん、使う時は簡単に、ではなく、慎重に使うつもりです。

カードローンの使用は油断しないこと

2015年2月16日 カードローンの審査基準 No comments

銀行などのカードローンは、一人前の社会人ならば普通は誰でも利用可能と言えます。
しかし、誰もが気軽に利用してるカードローンと言えども、油断は禁物です。なぜなら、お金は借りたら返すものであり、しかも利息の支払い負担も生じてくるからです。

もしも油断して返済を甘く見ると、毎月の返済が予想以上に苦しくなってしまうことにもなります。
ですから、きちんとした返済計画の元、借り入れを行わなければならないのです。こんなことは、いちいち言わなくてもいい当たり前のことなのですが、油断すると、こんな当たり前のことさえ疎かになってしまうのが人間というものなのです。

カードローンの返済は、通常、リボルビング払いが主流となっています。自分の毎月の収入をよく考えて、決して油断せず、無理なく返済できる範囲内で借り入れをすべきです。
そうすれば、返済が苦しくて生活に支障を来してしまうような残念な事態は避けられるでしょう。とにかく、カードローンは安全第一です。

カードローンの利用に必要なのは

2015年1月16日 カードローンの審査基準 No comments

カードローンは必要な時に即日で利用できる事が多く、それが人気となり幅広い年齢層の方に普及してきました。
もちろんそのカードローンの会社によって利用できるまでの早さは異なりますが、業界全体の傾向として、とにかく何もかもがスピードアップしてきているようです。

カードローンの利用に必要なものは、担保でもなければ保証人でもありません。どこかに正式に就職していなければ利用できいないという事もなく、安定した収入があれば問題ない事が多いです。
その代わり絶対に必要なのは本人確認書類と、審査に通ることです。書類がなければどんなに高収入の方でも審査ができないので利用できませんから、まずは身分証明書が必要不可欠です。

そして、審査に通るには、そのローン会社に信用してもらわなければいけません。その時に参考にされるのが、信用情報です。

他社の利用金額が多すぎたり、返済が滞っていたりすることがわかれば、審査に通らない事がありますが、そうでなければそれほど心配はいりません。

カードローン利用のメリット

2014年12月16日 カードローンの審査基準 No comments

カードローンのメリットはローン契約の中でも最も多いと言っても過言ではありません。

というのもまずいますぐお金が必要というわけで無くても事前に審査だけ通しておくということができるという点です。そうすることでお金が必要なときにすぐに借り入れすることも出来ます。

そしてカードさえ持っていればATMなどですぐに引き出しができるという点です。同時に返済もATMさえあれば可能ですので借り入れ・返済の利便性は随一と言えましょう。

更には他のローン契約よりも平均的な利息計算が低いので余分な返済を行う必要性が無いのです。
必要金額に近い金額で返済できるというのは借り入れをする上ではこの上ないサービスです。

ただしデメリットも有ります。管理がカードであるだけにカードを落とした際に暗証番号を当てられてしまうと不正利用されてしまう可能性が高いのです。

自己管理能力を以ってしっかりと紛失せず使えるのであれば一番利用しやすいローンサービスでしょう。

カードローンは審査だけでもOK

2014年10月16日 カードローンの審査基準 No comments

お金を借りようとした場合、大体が必要となってから審査を行って借り入れできるかどうかの相談となりますので、もし借り入れができなければまた審査に出さなければなりませんし、通過したとしても振込までに必要書類を揃えなければならないので結局必要なときにすぐにお金が手に入らないことも多いのです。

ですがカードローンであればそのようなことはありません。
結局必要にかられてから審査に出していては同じことではありますが、通常のローン契約と異なりお金が必要なときにしか審査できないのでは無く、カード発行のための審査ですので審査を通した段階でお金が必要というわけでなくても審査に出すことは可能なのです。

事前に審査をしておくことで必要なタイミングですぐに借り入れすることもできるようになりますし、不要であればそのまま借り入れしないということもできるのでその点においては非常に自由度の高い使いやすいローンサービスと言えるでしょう。

これをしてしまうとカードローンで失敗する

2014年7月16日 カードローンの審査基準 No comments

これをしてしまうとカードローンの利用で失敗をしてしまうという事柄があります。ですから利用をなさる前には、あらかじめこのカードローンで失敗をしてしまいがちな事を知っておいてください。

まず、カードローンは無計画に使っていくと絶対に失敗をしてしまいます。ついついカードローンの便利さに負けて、どんどんと借り入れをなさってしまう方が多いです。
お金が手元にあるとやはり気分も良くなりますし、気も大きくなってしまいがちです。
そうなってくると金銭感覚が狂ってしまうので気をつけましょう。

ですからカードローン利用をするという時には、無計画に使ってしまうのではなく、計画的に使うようにしましょう。例えば利用前に返済シミュレーションをして、返済計画をたてるというのもとても大切な事です、これをやっているだけでカードローンでの失敗は防げます。

カードローンを利用したいと思う方、利用している方も、このこれをしてしまうと失敗をするという事は知っておいて対策をしましょう。

キャッシング審査を通過するためにできること

2014年4月16日 カードローンの審査基準 No comments

お金に困ってしまったときには誰かに助けを求めるしかありません。それは友人や家族かもしれませんが、それができないときにはキャッシングすることでお金をなんとか用意することができます。
ですが、誰でもすぐにお金を借りれるわけではなく、借りる会社から信用されなければなりません。
信用されないとお金を借りることができないのです。

その信用を得られるかどうかはキャッシング審査で明らかになります。それで自分の個人情報に関しては偽りを書くのではなく、正確に入力することが大切です。
とはいっても正直に書くと落とされるのではないかという不安を感じることもあるかもしれません。
安定した仕事に就いていないとか、住居が定まっていないなどの場合には信用されにくいのが現実です。

ですが、偽りの内容を入力することはできなくても、決してうそではないといえることを入力することもできるのは確かです。
できるだけ有利に審査してもらえるようなことを入力して、審査を通過できるようにしたいものです。